« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月21日 (土)

仙台での「薔薇の万華鏡展」

Photo

東日本大震災、そして終わりの見えない原発事故を前にして、言葉がありません。
人間の無力を感じるばかりです。
そして今、「がんばろう」の大合唱。
私は「がんばろう」より、「大丈夫」と言ってほしいな。
応援している若いバイオリニストがブログに書いていたこと、「復興なんて簡単にいえない」という言葉が、胸に突き刺さります。
彼女はお母様のご実家が石巻で、お二人でいらして町中を回り、そして避難所でコンサートをされたそうです。
最後の「ふるさと」の演奏では、ほとんどすべての方が涙されたとか。

さて、「薔薇の万華鏡展」のお知らせです。
仙台万華鏡美術館で予定していて、震災の直後は中止しようかと思いました。
しかし、幸い美術館は決定的なダメージは受けませんでした。
そしてなにより美術館のスタッフの生活もあります。
続けるというオーナーの決意を聞いて、とりあえず開催することにしました。

復興の第一歩となるような、元気づけられるような仕掛けがほしいと思いました。
歌手の加藤登紀子さんと友人なので、ノーギャラの支援をお願いしました。
すぐに引き受けてくれました。
「百万本のバラ」のトークライブが実現しました。
6月19日(日)です。
入館料と合わせて5000円。チケット代はすべて義援金として寄付することを、美術館が決めてくれました。
美術館だって被災者なのに。

今回の大震災で、そんな風に人の使命感を感じることが出来たことは、一つよかったかなと思います。
そして作家さんたちも、すばらしい作品を作ってくれています。
瓦礫に咲く薔薇の花です。
よかったら見に来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »