« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月 6日 (月)

「和の万華鏡展 仙台2010」始まりました

201012010944_2 201012010947_2 201012010949_2

12月1日から仙台万華鏡美術館で「和の万華鏡展」始まりました。
大きな作品は送ることが難しくて出ないものもありますが、それでも加藤瑞枝さんの「架け橋」(左)小嶌淳さんの「時忘れの塔」(中)清野一郎さんの「いのり」など展示されています。
百々花さんの「花嫁」や「赤い糸」が売れてしまったので、新しく干支(卯)万華鏡(右)を作ってくださいました。
Photo_4 Photo_5 Photo_6

また代永正樹(落赤流翠)さんも、追加作品を出してくださっています。
そして、新たにkiryさんが参加してくださいました。
kiryさんはアクリルで制作されていて、「和」テイストではないとお思いかもしれませんが、「和」はなにも陶芸や漆で重厚な「わび」「さび」とは限りません。
私は「クールジャパン」も「和」と思っています。
村上隆も村上春樹も日本を代表するものです。
現代の「和」をどう表現していくか、挑戦して欲しいと思います。

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »