« ビッグニュースその2 | トップページ | 「第8回和の万華鏡展 世田谷(2010)」終わりました »

2010年4月29日 (木)

brewster society news scope

Photo
アメリカ、ブルースターソサエティの会員誌「ニューススコープ」に「和の万華鏡」を紹介していただきました 。
ブルースターソサエティは言うまでもなくアメリカ万華鏡の母、コージー・べーカーさんが設立した愛好者団体で、毎年コンベンションを開き、情報の交換や新作の発表の場として活動しています。
日本の作家や愛好者も会員となって、交流を深めています。
「ニューススコープ」に掲載されたのは、一昨年、仙台万華鏡美術館で行われた「和の万華鏡展」の時の作品ですね(2005年となっているけど2008年です)。
荒金純子さんが紹介してくださいました。
中里保子さんの「秋草」、清野一郎さんの「」、溝口好晴さんの「虫籠」、代永正樹さんの「隠し筺四つ目格子」、辻輝子・美里さんの「ごんずい」、井野文絵さんの「蝶」、加藤瑞枝さんの「扇」などです。
私が「和の万華鏡」に気持を寄せるのは、単に日本人だからとか、年齢を重ねたからというだけでなく、日本の工芸の技術がアメリカよりも絶対に優れていると思うからです。
当たり前すぎる話ですが。
奈良時代から1300年もかけて培ってきた工芸の技法、そして美意識、それは世界に冠たるものといえます。
最初アメリカから来た万華鏡を見て、というよりも実はコージー・べーカーさんのお宅におじゃまして、彼女のコレクションを見せていただいたときから、べーカーさんには申し訳ないけど、これは日本で作った方が絶対にいいものが出来るという確信を持ったのでした。
そして待っているうちに何人かの日本の工芸の技術を持つ作家さんが出てきて「和の万華鏡」という発想が形となっていきました。
もっとも映像(イメージ)ということでいえば、アメリカの方にまだ優れたものがあるようにも思いますが、しかし、日本の作品にはあえて色を抑えたもの、繊細な美しさを表現したものなど、幽玄といえる作品も生まれて、私は200年後に残るのは、日本の作品ではないかと思います。
ポーランドに行ったとき「車やITなど日本の先端技術は今世界に発信して大躍進を遂げているけど、日本には素晴らしい伝統工芸があって、それを世界の皆さんにもう一度見ていただきたい」と挨拶し、園田高明先生(ポーランド展をセッティングしてくださった九州大学の工学博士)にほめられました(なにしろポーランド・クラクフにトヨタと富士通があって、実はとてもお世話になったのですが)。
今、車もITもかつての勢いはなく、韓国や中国に追い越されようとしています。
エッセイストの外山滋比古さんが「もともと古いものは滅びない。新しいものは無くなる」と言っていますが、1000年以上も続いてきた伝統の技術は必ず次の時代に引き継がれていく。
まあ、万華鏡でそこまで力むこともないと思うのですが、せめて世の中のほんの片隅で「和の万華鏡」が秘かな輝きを放つことを、楽しみにしたいと思います。
なにしろ、辻先生のおかげで、200年後の皇室秘宝展に万華鏡が展示されるのはほぼ確実なのですから。

|

« ビッグニュースその2 | トップページ | 「第8回和の万華鏡展 世田谷(2010)」終わりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49763/34440378

この記事へのトラックバック一覧です: brewster society news scope:

« ビッグニュースその2 | トップページ | 「第8回和の万華鏡展 世田谷(2010)」終わりました »