« 和の万華鏡 個々の作品について1 | トップページ | 和の万華鏡展 個々の作品について3 »

2010年2月17日 (水)

和の万華鏡展 個々の作品について2

Photo Photo_2 Photo_3

いつもたくさん出してくださる清野一郎さん。
陶芸のベテランですから、手堅く、また数も作っていらして、映像、外観共にバラエティ豊かで、毎回楽しませていただいています。
テーマも花や水といった自然、宇宙、古代等々、いろいろな技法を駆使してそれぞれが個性的です。
固定ファンがついていらっしゃるご様子、プロとしての姿勢はさすがです。
しかし、前にも申しましたが、出来れば大きさがいまのより3分の2ぐらいのものがあったらいいな~と思うのです。
その方が見た目もしまって、持った感触もいいように思うのですがいかがでしょう?
何度も言うように万華鏡は掌中の宝、女の人が持ったとき、いまのものはいかにもごつく感じてしまいます。

|

« 和の万華鏡 個々の作品について1 | トップページ | 和の万華鏡展 個々の作品について3 »

コメント

いちろーさん

さっそくお応えくださるなんて恐縮です。
いろいろ作るとレンズを揃えるのが大変なんですよね。違う種類を少しずつ買えるところもあると聞いてますけど、どうされていらっしゃいますか?
写真アップしました。
紅葉、HPより使わせていただきました。
次回、和の万華鏡展は、違う形でやろうと思っています。決まりましたらまたご連絡致します。

投稿: vadam | 2010年2月18日 (木) 13時49分

お世話になりました。

レンズがなくなったので、探して、新たに100枚程購入しました。

今度のヤツだと、焦点距離をいままでより少し近くしても良さそうです、、というより、そういったものを探しました。

少しは短くできそうです^^

投稿: いちろー | 2010年2月18日 (木) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49763/33417104

この記事へのトラックバック一覧です: 和の万華鏡展 個々の作品について2:

« 和の万華鏡 個々の作品について1 | トップページ | 和の万華鏡展 個々の作品について3 »