« ポリカーボネートミラー | トップページ | ビッグニュース »

2010年2月28日 (日)

和の万華鏡展 寺前みつ子さんのこと

Mangekyoutuika1 86571 86581

100年続く窯元九谷美陶園の奥様であり、陶芸デザイナーの寺前みつ子さんとは、私は10数年前に北大路魯山人の取材で知り合いました。
当時講談社から出ていた「四季食彩」という雑誌があって、そこで魯山人特集をしたのです。
四季食彩の編集長であったO氏(今回辻輝子展で非常にお世話になった)の紹介でした。かつて魯山人の窯元で陶工をしていらした方を取材するにあたり、石川県山中にいたその方のところに連れて行ってくださったのです。
本当に親切に初対面の私によくしてくださいました。
その後、なんどか美陶園への取材も重ね、親しくさせていただいています。
なにしろ磁器の技法、デザインについては折り紙付きで、伝統とモダンがミックスされていて、東京のデパートでも人気のブランドです。
ある時私が万華鏡のことを話しましたら、すぐに興味を持ってくださって、あっという間に試作品を作られたのには驚きました。
最初はオーナメントとしての万華鏡という考えでした。
なぜなら彼女は旅行が趣味で世界中に行っているため、外国に売るためにはその方がよいだろうと思われたのです。
実際、何年か前のアメリカ・コンベンションに参加され、そこでスイスのコレクターが高さ25センチほどの壺に仕組んだ万華鏡作品をお買いあげになりました。
しかし日本ではそれはちょっと難しいのではと思っていたところ、次ぎにペンダント万華鏡を作られ、それはとても素敵なものです。
2~3年前でしたか伝統ある日本クラフト大賞にも入選されました。
もうご高齢で(でもすごくお元気ですが)あまり万華鏡の方は制作されないとのことですが、いろんな意味でとても頼もしい先輩です。

|

« ポリカーボネートミラー | トップページ | ビッグニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49763/33569976

この記事へのトラックバック一覧です: 和の万華鏡展 寺前みつ子さんのこと:

« ポリカーボネートミラー | トップページ | ビッグニュース »