« 和の万華鏡展出品作品4 | トップページ | チェンバロコンサート »

2008年9月13日 (土)

和の万華鏡展出品作品5

Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8

寺前みつ子さんの作品を紹介します。
寺前さんは、九谷焼の100年もの歴史のある窯元「九谷美陶園」の奥様です。
といって、単なる奥様ではなく、自らやきもののデザインもされ、現在の九谷美陶園の人気作品の多くは、彼女の発想から生まれています。
私はもう10数年も前に「やきもの」の取材でお会いして、大変お世話になり、それ以来のおつきあいです。
「美陶園」さんの素晴らしい九谷の意匠に魅せられ、万華鏡を作ったらそれこそ世界に誇れるものになると思って、声をおかけしました。
みつ子さんはなんにでも大変意欲的な方ですので、二つ返事で引き受けてくださいました。そして生まれたのが、九谷焼万華鏡です。
以前に仙台万華鏡美術館で行われたスリーセンスコンテストに出していただいたときに、入賞を他の作品と争って、私も大変迷いましたが、惜しいところで3賞には入りませんでしたが、十分賞に値する作品だと思っています。
幸いペンダント万華鏡が「クラフト大賞」に入選され、評価を受けて、私も喜んでいます。
壷などの大作も見事なものですが、ペンダントはとてもおしゃれで、身につける価値のあるものです。

|

« 和の万華鏡展出品作品4 | トップページ | チェンバロコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49763/23700503

この記事へのトラックバック一覧です: 和の万華鏡展出品作品5:

« 和の万華鏡展出品作品4 | トップページ | チェンバロコンサート »