« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月21日 (日)

チェンバロコンサート

N_amano_a4_ol チェンバロのコンサートをしまするんるん

vadamの若い友人でチェンバリストの天野乃里子さんのコンサートです。
天野さんとは、もう10年程前ですが、vadamがイギリスから帰ってくるときに、飛行機の中で隣り合わせになったことで知り合いました飛行機
彼女はチェンバロの勉強のため、オランダのハーグ王立音楽院に留学、一時帰国の途中でした。
「新聞、お読みになりますか」と声を掛けてくれたのがきっかけで話すようになり、vadamがチェンバロが好きだったことで話が弾みました。
それ以来のおつきあいですハート
それから10年の間に彼女は、アムステルダムで演奏家ディプロマを得、ケルン音楽大学でも研鑽、そしてオランダ人の彼と結婚し2児の母となり、その間ヨーロッパ各地で演奏活動をするというめざましい活躍ぶりです衝撃

しかし、音楽それもクラシックで一人前になるというのは、それは大変なことで、しかもチェンバロというマイナーな楽器、その事情がわかるだけに、少しでも応援してあげようと、コンサート開催のお手伝いをしています。

今回の曲目は、バッハとスカルラッティ、バロックの薫り高いコンサートになる予定です。トークもありますので、お楽しみにムード
天野乃里子さんのプロフィール
横浜双葉学園卒業後、桐朋学園ピアノ科にすすみ、同大学卒業後、慶応義塾大学文学部美学科へ編入学。同大学卒業後、チェンバロ勉強のため渡欧。ハーグ王立音楽院を経て、アムステルダム スウエリンク音楽院を演奏家ディプロマを得て卒業。その後ケルン音楽大学にても、研鑽を積む。現在、オランダを中心にヨーロッパ各地あるいは日本にて、ソロおよびアンサンブルのコンサート、レコーディングなどで活躍中。2008年に、コンセルトへボーよりのラジオ生放送に出演し、好評を博す。ドイツの新聞などで、“チェンバロがこのように音楽的に演奏可能なものであるとは” などと評される。イタリア、ドイツ様式に限らず、フランス17世紀のものなどを、フランス様式のスペシャリストとして“La Compagnie Baroque”などにおいて再現している。

会場が茅ヶ崎なので、お近くの方、よろしくお願いします。

日時:11月9日(日) 15:00開演(開場14:30)
会場:MKホール 神奈川県茅ヶ崎市幸町16-2
東海道線茅ヶ崎駅下車徒歩5分
全自由席3000円
問い合わせ先 046-255-1724(照木健)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

和の万華鏡展出品作品5

Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8

寺前みつ子さんの作品を紹介します。
寺前さんは、九谷焼の100年もの歴史のある窯元「九谷美陶園」の奥様です。
といって、単なる奥様ではなく、自らやきもののデザインもされ、現在の九谷美陶園の人気作品の多くは、彼女の発想から生まれています。
私はもう10数年も前に「やきもの」の取材でお会いして、大変お世話になり、それ以来のおつきあいです。
「美陶園」さんの素晴らしい九谷の意匠に魅せられ、万華鏡を作ったらそれこそ世界に誇れるものになると思って、声をおかけしました。
みつ子さんはなんにでも大変意欲的な方ですので、二つ返事で引き受けてくださいました。そして生まれたのが、九谷焼万華鏡です。
以前に仙台万華鏡美術館で行われたスリーセンスコンテストに出していただいたときに、入賞を他の作品と争って、私も大変迷いましたが、惜しいところで3賞には入りませんでしたが、十分賞に値する作品だと思っています。
幸いペンダント万華鏡が「クラフト大賞」に入選され、評価を受けて、私も喜んでいます。
壷などの大作も見事なものですが、ペンダントはとてもおしゃれで、身につける価値のあるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »