« 「和の万華鏡展」近づく | トップページ | 和の万華鏡展終わりました »

2007年10月14日 (日)

溝口作品

P1000809 P1000797 P1000798

「和の万華鏡」のために作家さんたちから作品が送られてきています。
どれも素晴らしいもので、とてもうれしく思います。
わけても今回の溝口好晴さんの作品には、うならされました。
彼は「源氏物語」をテーマに万華鏡を作り続けていらっしゃいます。材質は陶、漆、木工など多岐に渡りますが、その幅広い古典の教養から生まれる発想と、多彩な技法と工夫で、様々な作品を生みだしてきました。
今回いただいたもののなかで、とくに私が感心したのが、「松風虫」と「帚木」です。

「松風虫」は虫籠の発想です。中に螺鈿で虫が描かれ、外側は竹細工。
「虫籠」というのは、古来からの貴族の趣味で、平安時代より貴族の間で虫籠にいれて、 コオロギや鈴虫の声を鑑賞する文化がありました。 江戸時代には、東海道、駿府(今の静岡市)のおみやげとして人気があり、 ひごの美しさは、虫たちの声を楽しむ繊細で優美な感性を今に伝えています。
溝口さんは静岡ご在住ですので、駿府竹細工の伝統を受け継がれたのでしょう。

「帚木」は、この鮮やかな緑は漆に使われる顔料の粉を、漆の地に貼ったものだそうです。さらに金箔を巻き「帚木」にある歌を筆で書かれました。
内部映像にはこの緑の顔料の粉(本当に細かい)をオブジェクトに利用し、見事な繊細な映像を作りました。

「和の万華鏡」を求めて、この数年作家さんにお願いしてきましたが、そのひとつの成果が今回表れたように思います。
もちろん他の作家さんの作品もそれぞれ個性的で素晴らしいものです。
ぜひたくさんの方に見ていただきたいと思います。

|

« 「和の万華鏡展」近づく | トップページ | 和の万華鏡展終わりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49763/8405107

この記事へのトラックバック一覧です: 溝口作品:

» 今日はお出かけ [magnoria]
 今日は仕事もお休みだったし、明日の朝市の準に出る必要もないということだったので、見たいと思っていた2つの展覧会に行ってきました。  最初向かったのは、菊川市下平川(旧小笠町)にある「陶美庵花いかだ」の溝口好晴・肥沼美智雄二人展。 http://wakaokamis.hamazo.tv/e390518.html ←若女将もわかママ日記 私は小学生の時に夏休みの工作に万華鏡を作ったこともあって、万華鏡にはちょっと興味があったのです。さんの万華鏡は見て楽しむだけでなく、飾っておいても鑑賞...... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 21時54分

« 「和の万華鏡展」近づく | トップページ | 和の万華鏡展終わりました »