« 万華鏡の本 | トップページ | ワークショップ その2 »

2007年8月12日 (日)

ワークショップ

Page1_blog_entry6_1 Page1_blog_entry6_2

愛知県岡崎市の世界子ども美術博物館で開催されている万華鏡展「ミラクルワールド展パート3」で、「不思議アートのぞき箱」のワークショップをしました。
7月14日のオープンの日は女子美術大学教授のヤマザキミノリさんと、岐阜大学教授の元島栖二さんの講演も。
ヤマザキさんはCUMOSの考案者として、ミクロの中にマクロの世界を表現するCUMOSを、自然界のらせん系などを示しながら、解説してくれました。
元島先生は、ファインセラミックスの単結晶成長などの研究をされている方で、その研究の過程で、窒化ケイ素マイクロコイルを世界ではじめて発見。すなわち電子顕微鏡の中に浮かび上がる自然の単結晶の姿が、らせん系をしているということだそうです。
それで生物の基本はらせん系、それもアート的な美しさを備えたものということで、万華鏡および不思議アートのぞき箱との共通点ということで(かなりこじつけではありますが)、お話をいただいたのでした。
その後、園田伝道師、元祖ヤマザキミノリの指導のもと、ふしぎ箱作りをしました。
2回目のワークショップは、8月11日、その日は園田伝道師はこれなかったので、元祖の助っ人として婆惰夢とその夫が、行きました。
その報告は明日。
(写真はヤマザキミノリさん提供)

|

« 万華鏡の本 | トップページ | ワークショップ その2 »

コメント

婆惰夢キミコ様、ワークショップでは大変お世話になりました。また、横浜へ助っ人に行かれずに申し訳ありませんでした。私の方の大学とダブルブッキングでしたね。

投稿: ヤマザキミノリ | 2007年10月 7日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49763/7510507

この記事へのトラックバック一覧です: ワークショップ:

« 万華鏡の本 | トップページ | ワークショップ その2 »