« 世田谷未来博でのぞき箱 | トップページ | 人生の万華鏡を見つけるには »

2006年10月10日 (火)

「のぞき箱」伝道

「のぞき箱」が、学研の大人の科学で紹介されました。園田先生も紹介されました。
彼がどのような活動をしているかを彼の手紙からお伝えします。

私たちの万華鏡伝道活動は、ギャラリーや各種コミュニケーションセンターを越えて、福岡県下の小学校教室での親子ワークショップにも広がりつつあります。例えば、町のデザイナーや理科の先生方と協力して、のぞき箱の底面のミラーだけを裏返しにして、身の回りの自然界の中から子どもたちが選んだオブジェをのぞき箱の中にいれて、「地球とわたし」というテーマの総合企画に参加する試みです。残りの5面のミラーには、中に入れたオブジェに合わせた絵を各自にデザインしてもらいます。単に自由発想で偶然にできたデザインを楽しむだけではなく、のぞき箱をテーマ性のあるアートプロダクトとして展開する試みです。季語やテーマに合わせて俳句や川柳や連歌の句会を楽しむ伝統を持っているこの日本社会の中で、不思議アートのぞき箱をコミュニケーションツールのひとつとして活用することを考えています。感性を透過光で表現する手段として、綿棒と除光液だけでなく、サンドブラッシやカッターなどを新しい道具に使って光を取り入れる新しい窓作りにもチャレンジしています。

|

« 世田谷未来博でのぞき箱 | トップページ | 人生の万華鏡を見つけるには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49763/3755906

この記事へのトラックバック一覧です: 「のぞき箱」伝道:

» 大人の科学マガジン13号に掲載 [Minori Yamazaki's Artwork blog ヤマザキミノリの作品アーカイブ]
学研「大人の科学マガジンvol.13」大特集 博士の愛した万華鏡  ふろくは「投影式万華鏡」    (学研の編集部に転載許可を頂いています) 49ページにcumosの紹介記事が掲載されました。46ページからの3ページは、「親子で作ろう 博士の立体万華鏡教室」という特集記事です。これは、九州大学工学部の園田教授の不思議アートのぞき箱と題する立方体万華鏡制作ワークショップを取り上げたものです。cumosの存在がそもそもの源でした。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 09時01分

» 文化・芸能 [任期は年]
イラクの民間人犠牲者 この判断により ジェナさんも 和ブログ傘 [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 08時51分

« 世田谷未来博でのぞき箱 | トップページ | 人生の万華鏡を見つけるには »