« 二極共生 | トップページ | 3Sコンテストのこと »

2006年2月25日 (土)

和の万華鏡は万華鏡の輪

友人の友人が万華鏡を作っていることを知りました。しかもその人は七宝焼きで”ひとかど”の人。がらすらんど社の社長も懇意の方で、さっそく連絡しまして、今度個展のときにお会いすることになりました。私は「和の万華鏡は万華鏡の輪」と言っているのですが、これが不思議なもので、万華鏡をきっかけに知り合った人が、私の友人の知り合いということが結構あります。つまり共通の友人がいるということですね。まったく違う方向からアプローチしていったのに、ごく親しい友人に行き着いて、「オー!」っということも何度かありました。
大きなサークルの中の住人という感じで、それはやっぱりあんまりまともな職業(もっとも今時何がまともな職業かは考えてしまうけど)の人はいない、よく言えば自由人かな。それが万華鏡世界の楽しさかも知れません。
ところで友人の一人がいうのに「あなたはなんでこんな万華鏡などに関わっているのか?」多分、儲かりもしないのにという意味も含めてと思います。もう、これは運命というか成り行きとしかいいようがありませんね。もはや足を抜けないというか。道楽と言っていますが。
そう、たしかに全然儲かりません。ボランティアというか文化事業というか、そんなつもりで接しないと、がっかりします。
ところが何を勘違いするのか、この万華鏡が儲かると思って参入してくる人達がいるんですね。何か幻想を抱かせるらしい。「万華鏡でビルを建てる」とか「億の売上げを目指す」とか、うーん、ちょっと待って、としかいいようがないです。

|

« 二極共生 | トップページ | 3Sコンテストのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49763/827134

この記事へのトラックバック一覧です: 和の万華鏡は万華鏡の輪:

« 二極共生 | トップページ | 3Sコンテストのこと »