« 和の万華鏡は万華鏡の輪 | トップページ | 万華鏡と音楽との相関 »

2006年2月28日 (火)

3Sコンテストのこと

昨年の12月に行われた仙台万華鏡美術館の3Sコンテストの講評をやっと仕上げることが出来ました。これは仙台万華鏡美術館が募集した万華鏡のコンテストで、スリーセンス、すなわち光と香りと音の3つの感覚を取り込んで表現した万華鏡を作ってくださいというもの。なにしろ最優秀賞金が100万円というので、けっこう万華鏡界のなかで評判になりました。コンテスト開催を目前にして、美術館オーナーの越智宏智氏が亡くなったのも、私としては感慨深いものがありました。
急遽依頼された審査委員長という大役で、40点の中から最優秀賞、優秀賞、特別企画賞を選び出すのは、思った以上に大変なことでした。優秀賞、特別企画賞もそれぞれ50万円、25万円とついているので、簡単には決められないことでした。
万華鏡の審査の難しいところは、映像をきっちり覚えていなければならないこと、普通なら写真を見たり、2~3回見直せば、だいたい頭に入るものですが、外観の写真を見てもそれだけでは判断できないし、映像の写真があったとしても動かない一瞬の画像ではしょうがない、覗いて動かしてその映像がどうかということ、さらに香りと音という目に見えないものなので、個々の作品の差違を覚えるのが大変でした。夢の中まで出てきましたよ。でも幸い良い作品があって、何とか終えてほっとしたのですが、その後始末がなかなか出来なくていました。
というのは、3賞の講評とその時に来てくださった方々へのアドバイスは出来たのですが、それ以外のエントリー作品についてはまったくそれっきりで、私が声をおかけした作家さん達にも全然連絡できないでいたので、とても気がかりでした。
やっと講評の整理が出来、写真も送ってきたので、なんとか近いうちにレイアウトして仕上げようと思ってはいるのですが・・・。なにしろお茶の本(本職・メシの種)の方が忙しくて。
そうこうしているうちに、5月1日~10日の「和の万華鏡展」は近づいてくるし、どうなることやら。

|

« 和の万華鏡は万華鏡の輪 | トップページ | 万華鏡と音楽との相関 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49763/873248

この記事へのトラックバック一覧です: 3Sコンテストのこと:

« 和の万華鏡は万華鏡の輪 | トップページ | 万華鏡と音楽との相関 »